パソコンの構造ってどうなってるの?

パソコンの中身について

パソコンは、一つの物体ではなく、幾つかのパーツによって出来ています。そのパーツの名称と役割をご紹介します。 PCケースと呼ばれる入れ物の中に、必要なパーツと、電源や冷却ファンなどをセットします。主な中身とその役割は以下の通りです。 マザーボードは、パソコンの各パーツをセットするための基盤です。CPU(中央処理装置)は、パソコンの頭脳部で、計算処理を行っています。RAM(メモリ)は、計算処理をスムーズに行うための一時記憶装置です。 HDD・SSD(ストレージドライブ)は、各種データの記憶装置です。 ここまでは、大抵のパソコンに搭載されているパーツです。以下は、マシンによって付いているものと付いていないものがあります。 グラフィックカードは、画像処理に特化した装置です。同様に、音処理に特化した装置としてサウンドカードがあります。光学ドライブは、CDやDVD等のディスクの読み込み、書き込みを行う装置です。

ノートPCもデスクトップPCも、基本的には同じ構造です

ノートPCの中身は、基本的にはデスクトップPCと同じです。但し、移動したり持ち運びを行うことを前提に作られているため、据え置き型のデスクトップPCとは幾つか違いがあります。その特徴は以下の通りです。 ノートPCは小型化、軽量化を行うため、メーカーによって独自の設計が行われています。そのため、ユーザーによって各パーツを交換することは難しく、拡張性は高くありません。 そして、電源がない場所でも単独で使用できるように、バッテリーが搭載されています。 また、PC本体にキーボード、ディスプレイ、そしてタッチパッド等の入力装置が付いていることも特徴の一つです。 タブレットPCのようにタッチパネルが搭載されており、キーボードが付いていないタイプもあります。